スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.09→3.12 仙台旅記録。

2月のみんたる市の事や今後のNU★ieの予定など、先に載せなきゃっっ。と思っている事はあるのですが・・・。

今、仙台から帰ってきたので、忘れないうちに、旅の覚書。
3月9日~3月12日まで、今は仙台に住む元同居人のお家に遊びに行ってきました。

~日程~
・3月9日19:00苫小牧発→10日9:30仙台着
・11日19:40仙台発→12日11:00苫小牧着
日程の半分が船上のなんとも忙しいようなのんびりなような旅。

~宮城・仙台めぐり~

3月10日 
 フェリー乗り場の近くは壊れた建物はもう少なくなっていて、人も車も建物も沢山だったけど、フェリー乗り場から北上。国道45号線を通って塩釜を通る。壊れた家や1Fに板を張って2Fは使ってそうな家などを目の当たりにする。

 その後、国道398号線を通って女川原発見学
 女川の町は役場も駅も津波でやられてしまったそうです。
 今は電車はバスで代行運転、役場は高台に作られていました。


町から原発まではうねうねした道を車で30分ぐらい。
 民家からすごく近い。
DSCF1191.jpg
どれくらい間近かというと、360度回ってみました。


ちなみにバックで流れている音楽は、バス型スーパーの音楽
DSCF1196.jpg
しゅーる。

その後、女川で震災後いち早く再建したというかまぼこ屋さん
蒲鉾本舗 高政 女川本店「万石の里」 へ。
DSCF1199.jpg
ここは自社で放射能測定をしていて
http://www.takamasa.net/mangoku.php
しかも、女川町内でとれた水産加工品の検査も無料でしてるという・・・。
そりゃ、行ってみよ!という事で行ってきました。

店内に計測した数値表示したりしてるかと思いきや、そのことは一切触れていなくて、「業界初のオール電化工場!」ってのはスゴイ宣伝していたし、「ソーラー発電やってます」アピールもすごかった。
そして、あったかい蒲鉾を無料で配って、お茶も飲めるスペースがあったんだけど、このばらまきっぽいやり方が「原発の町っぽい」と言いつつ、蒲鉾を堪能してまいりました。

女川原発も震災の影響を受けて今も動かせないわけだし、このまま「原発からエネルギーシフトする町」として売ってけばいいんじゃないかな。と、思いました。

女川原発近くの立て看板
DSCF1198.jpg
「なくせ原発 事故でとまるか みんなでとめるか」と書いてありました。


女川の帰り道で石巻も案内してもらいました。
DSCF1202.jpg
奥に映っている大きな建物が市立病院。

その後宮城ではポピュラーなファミリーレストランでお食事、仙台に戻り仙台を散策。
ゆみちゃんオススメの手芸屋さんやおみやげ屋さん「しまぬき」へ。
例えばいざという時に懐中電灯になるこけしなど
http://www.shimanuki.co.jp/
こけしがいっぱいのお店。
こけしのかわいいレターセットと
こけしのちょっと怖い付箋を買いました。
IMG_0483.jpg

そのあとは仙台メディアテークにも行ってみました。

ここで、市民で作る放射能測定所
みんなの放射能測定室「てとてと」を知りました。
IMG_0462.jpg

日曜日がお休みなので、残念ながら行く事は出来なかったけれど、チラシやHPなどもかわいらしくて、わかりやすくて、とてもよいな~。
ゆみちゃんもブログで紹介していますが、放射能から命を守る取り組みをしている市民の活動が活発なようです。

そこで、耳よりな情報もGET
翌日開催のイベントhand in handのフライヤーをみつけました。


hand in hand




さてさて、訳があって予定より帰宅が遅くなったのですが、ゆみちゃん宅へ。
福島からお友達もやってきてくれて酒盛り。楽しく過ごしました。
IMG_0463.jpg

福島お土産:カラフルなおまんじゅう。
青森名物:けの汁

仙台でも結婚お祝い会をやってもらったそうで、その様子を見せられたじゃ、なくて見せてもらいました。
札幌で会をやった時にはドレスなんていいよーーーーと言っていたけど、そのあと仙台の会ではドレス買ったっていう話とか、キューピット役だ!と豪語する福島のお友達とか、手づくり感あふれる会の様子とか・・・。
3.11以降、重たい空気が流れ続けていた時に札幌を離れるのはさみしいけれど、みんなに幸せや希望を分けてくれた夫婦が仙台でも同じように祝福されている様子をみてとてもうれしかったです。



3月11日
この日は朝からTV・新聞では震災の事が中心。
石巻のボランティアの様子がTVで映っていて、ボランティアが減ってるって話題が流れていた時、
「ボランティアが来てくれる地域はいいな~」とぽそりとつぶやいていたのが印象的でした。

さて、朝昼兼用ご飯となりました、1食目。
ゆみちゃんの手料理デス!!
インターネットでよく見る光景が目の前に!!
IMG_0469.jpg

IMG_0472.jpg

きんぴらとかナスの炒め物とか。どれもおいしいのです。
すごいなぁ~。
札幌にいたころより数倍バランスの良い食生活を送っていそうです。

そうは言っても、食材選びは気を使うようで、魚は北海道と種類が違って、わからないのもあるのと、それぞれセシウムの量が違うらしくなかなか選ぶのが大変だそうです。野菜も「宮城産」って表示されてると宮城のどこ!??ってのが分からなくて選びにくかったり、苦労は多いようでした。

これから山は雪どけの季節。水の流れが気になるところです。

さて、この日は仙台市内を案内してもらいました。
モール行って手づくり品の集まるお店を見たり、リサイクルショップめぐりをしたり。

津波被害の多かった若林区の案内もしてもらいました。荒浜という地域でゆみちゃん達が昨年ボランティア作業をしていた事もありその時の様子などをききつつ。
ちょうど2時頃だったので、住人(元住人と言うのかな)の人たちが多く集まってきていて、車と人の多さと、家が無くなっている現状と胸が詰まる思いでした。
DSCF1205.jpg

・・・が、私はよそ者なので、どうにもその時間にその場所では居心地が悪く・・・。
(あの場に行けた事はとても大切な事だとは思っているのですが。)
またまた、観光案内に戻してもらい…。

ちょうど2時46分にはささかまぼこ屋にいて試食しながらの黙とうとなりました。
仙台で亡くなった方は津波による被害が多く、津波が来たのは4時頃だから、4時頃黙とうしてもいいのにね。
と、いいつつ。

DSCF1213.jpg
夫婦の共同作業→ささかまを焼く。

七夕飾りをみたり、古布屋さんとカフェとギャラリーと駄菓子屋が合体してる面白いお店や、仙台歴史民俗資料館などにも案内してもらいました。

そして、楽しかった時間はあっという間に過ぎてしまい、ゆみちゃん・たけちゃん夫婦とは4時半ごろ仙台駅でお別れ。

帰りのフェリーは19:40。
それまでの間、前日にみつけたフライヤーのイベントへ!!!

出演する GAGLEDJ KENTAROがお目当てでした。二組とも仙台を代表するHIPHOPアーティストです。
予定時間よりも押していてヒヤヒヤしましたが、GAGLEの最後の曲まで聴けてから退散。
手づくり感があって、熱がこもってて、良いイベントでした。

この曲。ライブでやってたんだけど、すごくよかった。


ちなみに、ライブではやってないけど、このGAGLEのラッパーhangarがSHINGO2とやってるコレも好きだす。



大急ぎでフェリー乗り場へ行くため電車にのりました。
時間がなくて、お弁当も買えず(仙台駅に美味しそうな物は沢山あったよ~)ご飯を食べていなかったのでフェリーで夜ごはん。
DSCF1218.jpg
イベント会場の近くに手づくり時計が売ってるお店や気になるカフェがあった。今度機会があったら行ってみたい。


3泊4日と長旅なようで、2泊は船の中なので、忙しく過ごした気もしますが、
久々に会えたゆみちゃん・たけちゃんはとても元気そうで、仲良しさんで、二人で作り始めた空間はとても居心地がよく
また遊びに行きたいです。
ゆみちゃん・たけちゃん家にはかわいいものや古くてカッコいいものが沢山あったけど、一番印象に残って、良い活躍っぷりだったのはコイツです↓
IMG_0466.jpg
ストーブの暖気をこたつ内に送り込む筒。優れ物です。


いやはや。とても良い旅でした。
どうもありがとう。









おまけ。
 
~そもそもの事の始まり~

 去年まで一緒に住んでいたゆみちゃんは、ちょうど1年前は市議会議員の候補者で、選挙前だった。たしか311の翌日ぐらいにも、決起集会的なものが企画されていたりと大忙しだった。
 選挙活動自体の忙しさに加え、震災・原発事故後の政治のあり方を考え、伝えなければいけない立場になって(それも、個人としてではなく、社民党から出る候補者として、しかも、民主党の候補者とも協力体制をとるという、これまたなんだかしちめんどそうな話の中。)大変そうだった。結果は惜しくも次点。惜しかったし、札幌市民は大事な人材を選び損ねた訳だ。コレは大きな損失だと私は思っている。ま、いいとして・・・。
 選挙が終わって一瞬腑抜けになった(気がする。まぁ、無理もない)後、すぐに今度は東北の震災復興ボランティアに出かけていった。

 帰ってきたと思ったら、なんと!「良い人をみつけたから、仙台にいく!」と言いだした。し、またすぐに仙台に行った。
そうこうしているうちに、嫁に行く事になった。その間2カ月もなかった気がする。

 最初は驚いたけれど、まぁ、恐ろしいほどの無鉄砲さと発想力とまっすぐさと、行動力、決断力・・・etc。それと両極端な、目的を失いかけた時の腑抜け具合をそれまで何度か見ていたいので(笑)「そりゃ~。おめでたい事じゃないか!」とおめでたい私は喜んだ。

 その後の宮城での生活ぶりはブログなどで紹介されていて、引き続き頑張っている党活動もさることながら・・・。
主婦としてというか、生活者としての成長っぷりがスゴイ!
そんな本田ゆみのブログはコチラ
http://hondayumi.littlestar.jp/

 ゆみちゃんの所に遊びに行きたいなぁ~。とは前から思っていた。
 ただ、原発の事故以後、東北・関東へはなるべく近づきたくない思いも強かった。
 放射能が怖いから。
 札幌にいても怖くて、どうやっていったらよいのか手探りで、迷って。悩んで。動けないでいた。

 冬になって野菜を中心に道産の食材が手に入りにくくなってきたり、どんなに気をつけても秋からは外食をすることで放射能汚染の可能性が高まる状況が増えてきて、「放射能とどうやって付き合っていくか、内部被ばくをなるべく減らす方法」を考えて、「ゼロは無理だ」と悟ったら、少し気持ちが楽になって、仙台に遊びに行く気になった。

3.11から1年だから、3月に行ってみようかと思って、フェリーが安い!と知って、ゆみちゃんの予定も大丈夫だ!ってなって・・・決まったわけです。



おまけ2

~3.11 2時46分の 黙とうで思ったこと~

最近知人が本を出すことを知った
タイトルは「3.12の思想

3.11=震災と
3.12=原発事故
コレを一緒にすると論点がずれる事がよくあるけれど、3.12ってするとすごく明確になる。
福島と福島原発の事故を一緒にしない。とか
地震と津波と原発事故といっしょくたんにするのはちょっと変だな。と。
まとまらないんだけど、少しすっきりした気がする。


長く長くなったけど。覚書終わり。



スポンサーサイト
02 | 2012/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nu★ie

Author:nu★ie
ものづくりカフェ「NU★ie」の管理人です。

札幌にあるフェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」で不定期にもの作りカフェ「NU★ie」を開催しています。好き勝手に集まって縫う(=NU)場所を一軒家(=ie)で始めたのが名前の由来です。

NU★ieの様子と日々の暮らしの中での出来事を気ままに載せています。

カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。