スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート工場見学

日本はそろそろバレンタインでチョコが売られまくっている頃でしょうか??
2月6日にはカカオからチョコレートを作る会を開催するフェアトレード北海道の一員としては、せっかくジャマイカに来てるしカカオ農家を尋ねたいな・・・。と思っていました。

なんとありがたい事に、在ジャマイカ日本人の方の家のすぐ近くにカカオ農家&チョコレート工場があったのでした!!

カカオに関してはこっちにいるうちにもう少し調べたり、見に行きたいところが他にもあるんだけど、まずは、今回のご報告を・・・。



今回おじゃました場所は「CATADUPA」という町・・・というか村。
ジャマイカで2番目に大きい都市「モンティゴベイ」からバスで1時間弱ぐらいの山間の村。
DSCN2178.jpg

さっそくカカオの木を教えてもらいました。
DSCN2104.jpg

年末が最盛期だったそうで、ほとんど実は残っていませんでした。
DSCN2105.jpg

カカオの木ばっかりが並んでいるわけではなく、バナナやブレッドフルーツやマンゴーやなんやかんやと沢山食べれる実がなる木が植えられている一部がカカオの木。
水もやらなきゃ、間引きもしない。もちろん農薬も使ってない。
自然の中でそのまま育ち、実ったものを実った時期に収穫する。
というとても自然なスタイル。

工場を外から写真を撮るのを忘れてしまったので、大きさがイマイチ伝わりにくいと思いますが、
ここがチョコレート工場。
DSCN2110.jpg

壁に作業の工程の写真が貼られていました。
DSCN2113.jpg
DSCN2112.jpg

実を収穫して、種をとり、発酵させ、乾燥させ、焙煎し、砕き、練って固めるそうです。

机の下に置いてあるのが砕く道具。木でできてます。カナリ原始的。
DSCN2116.jpg
ちなみに、発酵の時はバナナの皮に包んでいるところもあるみたいですが、ここは、バケツでした。

実際の作業は見ることができませんでしたが、商品のサンプルを頂きました。
DSCN2114.jpg
チョコレートといっても、私達が普段食べているチョコとは違って、
「チョコレートティー」というもの。
チョコレートの作り方はコチラを参照してください。

カカオを細かく砕いてシナモンやナツメグ、バニラなどのスパイスと一緒にこねて成形します。
今回頂いたのは棒状の形。他にボール状の物もよく売られています。
DSCN2217.jpg

これを削ってお湯とコンデンスミルクや牛乳、砂糖と煮詰めてココアのようにして飲むのが一般的だそうです。

ちなみに、コレ、ココアの原型みたいなものだと思います。
ジャマイカを訪れたイギリス人Hans Sloaneという人が現地の人の飲み方をアレンジしてチョコレートミルク飲料を発明したそうです。その後に、オランダのカスパルス・ヴァン・ホーテンが、カカオマスから油脂を分離し粉末化する手法を開発して、今のココアが生まれたそうです。

カカオの加工は原産地よりもヨーロッパで発展したのですねぇ。
ジャマイカでは、この「チョコレートティー」はよく見かけるし、カカオが採れる田舎では自分たちでも作って飲むそうです。

今少し分けてもらったカカオを乾燥中。乾燥したら、チョコレートティーの作り方を教えてもらう予定です。
DSCN2204.jpg

中身はこんな感じ
DSCN2207.jpg

天日干し中
DSCN2209.jpg

続きをお楽しみに・・・。


今回お世話になったのは・・・。
ゲストハウスBREEZE HEREさんです。とっても素敵なところだったので、また行きたいと思います。




ココからは、まだまだ勉強不足で憶測ばかりの独り言。


ジャマイカではジャマイカ産の「チョコ」は少ないですねぇ。輸入物ばかり。

同じカリブの島でもキューバは自国でチョコレートを作っていたなぁ。
カカオを最初に見つけたヨーロッパ人はコロンブスだったそうですが、コロンブスは価値がわからなかったらしく、最初にヨーロッパに広めたのはスペインだったそうで、スペイン領だったキューバにはチョコがあって、スペイン領その後長くイギリス領だったジャマイカはチョコが広まらなかったのでしょうか・・・ね?

でも、ジャマイカのカカオは高品質らしく、今頑張って生産量を伸ばそうとしているそうです。
(興味のある方はmemoのページを手繰っていってください)

私が訪れたところは大きな乾燥用のハウスや発酵用の箱とかなかったけど、
べつに、それで成り立っていたし、技術支援をして今よりなぜ生産量を伸ばさなきゃいけないだろうか??
と思ったり・・・。せっかく農家の工場って感じなのに、技術を導入すると、あっという間に工業化される感じがして・・・
アフリカで問題になっている児童労働や農薬の問題がないだけに・・・。今の動きがジャマイカの為なのか、良質なカカオを仕入れたいアメリカの為なのか・・・?
お互いにとって良いのか?今後を見守らなければなんともいえないな。と思います。




memo・・・
ジャマイカ産オーガニックカカオで作られたチョコレート
http://www.joamltd.org/
http://wwwchem.uwimona.edu.jm:1104/lectures/cocoa.html
http://www.nhm.ac.uk/research-curation/research/projects/sloane-herbarium/hanssloane.htm

スポンサーサイト
12 | 2011/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nu★ie

Author:nu★ie
ものづくりカフェ「NU★ie」の管理人です。

札幌にあるフェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」で不定期にもの作りカフェ「NU★ie」を開催しています。好き勝手に集まって縫う(=NU)場所を一軒家(=ie)で始めたのが名前の由来です。

NU★ieの様子と日々の暮らしの中での出来事を気ままに載せています。

カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。